【軽い女に見られない秘訣】 一回目は断ってください

nanapiとかいうメディアが記事書いてるが、未だにそんな古い駆け引きを推奨するとは、何歳の人が記事書いてるんだろう?
なんか古き良きバブル時代を彷彿させるフレーズだ。


最近ナツメロをカバーする歌手だとかCMが多いらしいが、20~30年撒き戻すのが流行りなんだろうか?


20~30年前はビーチでサンオイルを塗って、浜辺の人間は老若男女、日焼けに勤しんだものだけど、今じゃ女性は美白ブーム。
nanapiがどんなに「小麦色の肌って健康的に見えるから実は男性にモテる!」とか書いたところで、世の女性が昔のように日焼けサロンに通うことはまずありえない。
いそいそと給料をつぎ込んで高級美白化粧品を買う事は変わらないだろう。



でも、それってどういうムーブメントなんだろうね?


最近、世の中には案外偶然は少ないと思うようになってきた。
20年ぐらい時代を撒き戻すことにも、何か意味があるのでは? と思える。



+5秒で軽い女性と思われないようになる方法



千葉でバイク盗まれたのはもう10年前のことだから、大丈夫よ(^^;
いつのことだったか書いてなかったわスマソww


わざわざ駆け引きする人ってなんなのかね? 相手にナメられたくないと思ってるんだろうか?

上に立ちたくて駆け引きしたり、嫌われるのが怖くて媚びたりすると、ろくな関係にならんよね。

それは男女の仲だけでなく、男男でも女女でも同じなんだと思える。

駆け引きなんぞせんでも、自分より優れていると思う人には敬意を払って従うし、自分より下のものは面倒見る。そういう自然な上下関係って、最近は減ったような気がする。

みんな空気読んでフラットな仲良しになろうという空気が増えた一方で、そこからちょっとでも上下にハミ出すと猛烈に叩かれるようになったり、フラットな中での微妙な見えにくい上下に拘る人が増えたようにも思う。

まぁ一番好きなはずの人に対して駆け引きするようだと、そういう人は将来的に子を持っても、子に対して良い子にしないと愛してあげないよと駆け引きするようになる可能性大だから、そうなると子は良い子ぶったACになる可能性大で、なんか窮屈な家庭になりそうだ。

ということで、この記事のように駆け引きする女はパスだね。



男は仕事とか見知らぬ他人との競争にエネルギーを費やすけど、女は見えてる一番近い人間関係にエネルギーを費やすような気がする。

オンナオンナしてる人ほど、駆け引きは多いような気がする。

仕事が出来るオトコ度数が高い人は、自分自身の力で上に上がっていくけど、オンナ度が高い人は恋愛関係とか好き嫌いで相手の心理をリードすることでのし上がっていくから、そこに依存するような気がする。
仕事が出来るオトコとオンナ ハイドロキノンとトレチノインを使ってみました | シミを本当に消す4つの方法

オンナ度数高すぎる人は、正直重いと思うわ。。。